赤ちゃんにできる発疹・ニキビ・できもの

「胎脂(たいし)」が剥がれるまでの、およそ生後1ヶ月程の期間は
赤ちゃんの肌は、たっぷりと保湿されており
「ニキビ」といった”できもの”が、非常に発生しやすい状態です。

思春期と同じか、それ以上の条件になっているとすれば
どれだけにニキビができやすいかは分かると思います。

この「新生児ニキビ」は、基本的におでこ・髪の生え際に
できることが多いものになりますが、加えて「よだれ(唾液)」
「母乳」の影響によって、口の周りにも顕著と言えます。

また女児よりも男児の方が、できやすいことが分かっています。

またトラブルによっては、大きな病気の前兆であったり
初期症状である場合もあるため、しっかりと見極める必要があります。

根本原因は避けることはできない

思春期の皮脂の分泌が激しい脂ぎった肌は
スクラブ洗顔料などで、しっかりと洗い落とすことで
ニキビなどのリスクを減少させることができます。

しかしながら、生まれたばかりの弱い肌を持つ
赤ちゃんにはそんなことはできません。

よって防ぐことよりもできたものを、悪化させないことが重要になってきます。

多くの場合、赤ちゃんの肌トラブルというのは
オムツによる”蒸れ”によって悪化することが多いと考えられます。

つまり、下半身はリスクが特に高いと言えます。

また赤ちゃんは汗を大量にかくため、よりかぶれすいことも忘れないようにしましょう。

かぶれやすい部分には、デキモノができやすいものです。

新生児ニキビ

生まれたての赤ちゃんは、皮脂の分泌がとても多く
乾燥しないための状況であり、ニキビができやすい状況です。

この生後1ヶ月以内に頻発するニキビは、一般的に「新生児ニキビ」と呼ばれます。

基本的には大事に至ることは少なく、自然と治癒していくことがほとんどです。

またニキビを傷つけてしまった場合は、雑菌などに注意しより清潔に保つことが必要です。

乳児湿疹

こちらも、生後1ヶ月程の赤ちゃんに見られることが多く
赤く、極めて小さい蕁麻疹のようなものが発生します。

唾液や、ミルクの拭き残しが原因であることも多く
これらは「かぶれ」にもつながります。

沐浴・入浴時の石鹸やお湯が原因であることも多いため
その子にあったものを使用することが対策になります。

市販のクリームや、病院で処方される塗り薬によって
改善させることが一般的であり、それほど大事には至りません。

ただし、「基本的には」と考えるべきであり

頻発する湿疹が、肌の弱さのサインであることも想定できます。

念のためより注意が必要な場合も

また、母乳の影響であるという意見も根強く
「ママが食べたもの」の影響による、一種のアレルギー反応だという意見もあります。

念のため、自身の食生活にも気を使いましょう。

授乳期であれば、なお更のことです。

また、特に注意しなければならいないことが
以下の少し特別な疾患の症状の一部であることです。

非常に注意が必要な事態のため、ある程度の知識は持っておきましょう。

ただしケアをしすぎない

注意深く観察するのと同時に、神経質にケアしすぎないことも大切です。

大人や思春期のにきびとは違い、特別なケアをしなくても
基本的に放っておけば、自然に治癒することがほとんどです。

悪化してしまうケースとして多いものが、
ベビーオイルなどを使用している場合に、それが肌に合っていないく

ニキビを刺激してしまっていることも考えられます。

一度使用をやめて、様子を見てみましょう。

まだ、それほど乾燥に警戒しなくてもいい時期であり
特別な肌質でない限りは、肌が荒れるようなことはないはずです。

これらのケアは、「新生児湿疹」の予防にも通じるものです。

一番大切なことは、やはり清潔に保ってあげることです。

よだれやおしっこなどは早めに拭いてあげる。

シーツや枕やよだれかけをこまめに交換することも大切です。