注意すべき赤ちゃんのアレルギー反応の様子

アレルギーには、原因や症状など様々な種類がありますが
初めて赤ちゃんのアレルギー反応見た時
とても驚き、焦ってしまうことは当然のことと思います。

まだアレルギーが出ていない赤ちゃんでも
どのようなものにアレルギーがあるのかは

「症状が出るまで分からない」ため

ある程度は常に注意している方が多いと思います。

また、アレルギーは遺伝の要素もあるため
特に母・父が、何らかのアレルギーを持っていた場合に
同じアレルギーの原因・アレルギーの反応などが
遺伝してしまっているのではないかと、不安な方もいると思います。

身近な例では、「花粉症」もアレルギー反応の一種です。

珍しいものではなく、多くの人が悩まされている問題だと思いますが
これも重い人・軽い人がおり、抗体等の違いによって差が出ます。

食べ物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係

食物アレルギーと肌系のアレルギーに関係があるのかどうかは
妊娠中の食事や、離乳食などの影響も含め意見が分かれます。

しかし、「全く関係していない」ということはなく
その証拠に、まだ離乳食を始めていない「アトピーが疑われる」乳児を

お母さんが「特定の食べ物に触った手」で触った後に
赤ちゃんにアレルギー反応が出る例もたくさんあります。

いずれにしても、お互いに影響を与えていることは間違いありません。

様々な反応

アレルギーの症状は、数え切れないほど存在し
年をとるごとに良化するのか、悪化するのかも違いがあります。

食物アレルギーや状況などへの、主な反応の症状としては

  • 頭が痛くなる
  • 目が痒くなる
  • ゲップが止まらない
  • 下痢になる

また、酷い場合は痙攣して気を失う等の症状がありますが
肌の場合は目に見える症状がほとんどです。

肌に関するアレルギー反応としては、

  • 肌が痒くなる
  • 湿疹
  • かぶれ
  • 水ぶくれ

各種アレルギーの元は、粘膜を通って体内い入ってきますが

アトピーや乾燥肌の場合、基本的に肌が弱いため
それだけリスクが高まることになり、より注意が必要になります。

※以上の症状は、成人にも起きる一般的な症状を含みます。