赤ちゃんの日焼け対策と日焼け後の対処~「日焼け止め」はいつから使っても大丈夫?

幼い時期のスキンケアと言えば、「湿疹」を中心とした日常的なもの
また「アトピー性皮膚炎」といった、深刻なものをイメージしがちです。

しかし、スキントラブルとは幅広く存在するものであり
赤ちゃん特有と言えるものに加えて、より一般的な視点も必要と言えます。

そして、こと「日差し」の強い時期に気になるトラブルが「日焼け」です。

特に女性にとっては、毎年定期的に訪れる悩みであるはずです。

しかしながら、日焼けによる肌の変化というのは
単に浅黒くなってしまうものだけでなく、日差し自体が「肌への刺激」であり
赤ちゃん・成人にかかわらず、肌が弱い人にとっては懸念すべきものです。

こと赤ちゃんに関しては、「日光湿疹(日光皮膚炎)」と呼ばれる症状もあり
肌が弱いからこそ、余計に注意すべき基礎的なものと言えます。

一生ケアし続けなければならないもの

人の肌に対して、日焼けを起こすものとは「紫外線(UV)」であり
紫外線と肌に対して、特に大きな刺激要因であることは広く知られています。

日常生活における肌への刺激は、擦り?け・打撲といった
怪我はもちろんのこと、「衣服との摩擦」といったものがあります。

これらは即時的なものと言えますが、常に存在する肌への刺激も存在し
雨でも夜でも存在する紫外線は、その典型的なものと言えます。

この紫外線の影響の話題に関しては、やはり日焼けに集中することになりますが
シミやそばかすの要因となる要素としても、知られています。

まずはリスクを避けること

紫外線による肌への刺激、日焼けを防ぐためには
何よりも”当たらない”ということが、大切になります。

「そんなんじゃ、強く育たない」という意見もあるかもしれませんが
刺激に耐えることできないのであれば、肌を傷つけるだけであり
結果的に、健康的な肌の成長を阻害してりまうことにつながります。

とにかく、幼ければ幼いほどに、肌が弱ければ弱いほどに
可能な限り日差しを避けて、過ごすことが基本的な対策になります。

もちろん、日差しを浴びることはデメリットだけでなくメリットもあります。

そのため日差しが強い時期に関しては、「お散歩」といった習慣を
夕方・日が沈み始めたくらいに、時間をずらしたりする工夫が必要です。

赤ちゃんも「日焼け止め」を使うべき?

一般的な日焼け対策としては、日に当たらないことに加えて
「日焼け止め」といったアイテムを利用することが一般的です。

日焼け止めには肌が焼けない(傷つかない)ようにするための
「バリア成分」が含まれています。

しかしながら赤ちゃんにとっては、肌を守るはずの成分によって
逆に肌を傷つけてしまうこととなることは、珍しいことではありません。

そのため、「何歳(いつ)から」といった基準ではなく
「大丈夫だったら」という、観察に基づいて決めていくべきです。

日焼け止めに限らず、「使ってみないと反応が分からない」ことも多く
めて使うという経験は、どんなものにもあるものです。

肌質によってかわる対処法

昨今では、「赤ちゃん専用日焼け止め」といったものも充実しています。

そういったアイテムを使うメリットは大きく、問題が発生しないのであれば
基本的には、なるべく使い続けるべきアイテムであると言えます。

しかしながら、赤ちゃんというのは非常に「あせっかき」であり
せっかく塗った日焼け止めが、流れてしまうことも注意しましょう。

「日焼け止めを塗ったから大丈夫!」とつい油断してしまい、気づいたら流れていて・・・
「火傷」を起こしてしまうことは、何よりも避けるべき事態です。

濡れタオルで冷やしてあげることも、立派な日焼け対策の1つであり
日差しが強い時期には、習慣的に使用してあげて欲しいと思います。

日焼け止めを塗るよりも、また塗ることができない場合にも
定期的に塗れタオルで冷やしてあげることを意識しましょう。

一番大切なのは「保湿」

日焼けとの闘いは、乾燥との闘いでもあります。

日焼け止めが必要な時期というのは、基本的に熱い・汗をかきやすい時期であり
汗をかいた後というのは、汗が引くことで肌中の水分も同時に乾燥することになります。

外から帰ってきた後、しっかりと保湿クリームを塗ってあげること
エアコンによる室内の乾燥に注意することなども必要な時期です。