赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の判断~アレルギー反応の見極め方・検査を受けるべき時期~

どんな赤ちゃん・人に関わらず、
何等かのアレルギーを持っていることは珍しいものではありません。

非常に身近と言える「花粉症」の症状に関しても、アレルギー反応の1つと言えます。

しかしながら、いざ自分の赤ちゃんが単なる乾燥肌にとどまらず
極端に肌が敏感な場合に、「アレルギー持ち」という言葉が頭をよぎると思われます。

軽い症状であれば、「体質だから仕方がない」と割り切っている方が大半ですが
中には非常に重い症状を抱え、幼い時期から長年悩んでいる人もまた珍しくはありません。

ここでのアレルギーとは、

  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 鼻炎

といった、様々な「自己免疫機能」が関わる症状です。

特に食物アレルギーの症状というのは、「発疹」といった、肌に現れる症状だけではなく
「呼吸困難」といった、極めて危険な症状を招くこともあります。

また、

  • 特定のものが食べられない
  • 特定の状況において痒くなる

といった、不便であることには変わらず
我が子をそういった状況に置きたくないことは、当然のことです。

最初に必ず「専門医」に相談すること

まず最初に、

アレルギー反応というのは、場合によっては命に関わる問題であり
絶対に自己(家庭内)の判断で解決しようとせず、
医療機関の検査から専門医のアドバイスが必要です。

また最もやってはいけないことが、「放置」であり
また「これを食べさせなければいい」といった、安易な判断です。

家庭内で判断することなく、その「前兆」が見えた際には必ず医療機関を訪れましょう。

検査はいつごろ受けるべき?

その「疑い」がある場合に、注意して準備することに早過ぎることはありませんが
実際に症状が見られるまでは、検査しても意味がないことも多いです。

高度な医療技術による解説をするすることで、おおよその予想はできると考えられますが
「出てからでは遅い」という一方で、「出ないと分からない」ことが一般的です。

”いつ受けるべきか?”といった基準は、任意のものになりますが
1つの基準として、「離乳食」を始める前には受ける意味はあります。

もちろん、両親ともにアレルギー体質であるといって
また「可能性」が高い場合には、それ以前に受けてもいいはずです。

いずれにしても、”いつ”といった明確な時期がありませんが
「母乳」や「ミルク」に関する、アレルギーがない場合に離乳食が1つの目安になります。

どんな検査を受けることになるの?

アレルギー症状が出てしまってから、検査を受けた場合の
その後の経過・観察について、簡単に紹介しておきます。

もちろん状況によって異なるため、あくまで一例になります。

  1. 予想(仮定)・・・何を食べた後なのか、何が原因なのかある程度判断します。そのため、離乳食後は何を食べたのかメモすることを習慣化しましょう。
  2. 除去した食事を摂取・・・原因と予想される食材を除去した食事を行い、「それだった」ということを明らかにします。
  3. 負荷をかける・・・その食材を、どの程度なら食べられるのか少しずつ調整します。

以上はあくまで食物アレルギーに関してであり、アトピー性皮膚炎等に関しては
やはり症状が出てからでなければ、詳しい検査を受けることがないことが現実です。

ただし、食物アレルギーに該当する場合には

「基本的にアレルギー体質」と考え、スキンケアをはじめとして

その他の慎重なケアが必要になることが多いと言えます。

※参考記事
>>「小児アトピー」の症状~出始める時期とその対処法

>>赤ちゃんのアレルギー症状はいつぐらいにわかるの?

「予防」することが難しい症状だが

アレルギー反応は、事故や感染性の疾患とは異なります。

起こるべくして、起こるものです。

ひと昔前であれば、アレルギーの発症というのは

  • 妊娠中の母親の食事内容・生活習慣
  • 授乳期間の母親の食事内容・生活習慣

といった、「母親の責任」であるように思われていました。

しかしながら、近年の考え方・事実・認識としては
そういったことは関係なく、アレルギー反応を起こす人間は
もともと、その症状の「因子」を持っていると考えられています。

そのため、決定的な予防ができないものでもあります。

決して「お母さんのせい」ではなく、注意していても起きてしまうものなのです。

ただし「遺伝」といった面で両親の影響を受けることは、確かなことでもあります。

「克服」の可能性は十分にある

あくまで食物アレルギーに関してですが、
成長に伴って「食べられるようになる」ことも珍しくありません。

アレルギー反応を起こす時期というのは、
0~1歳が最も多く、それ以降は減少傾向があります。

それは「耐性」ができたとも、体が強くなったとも
両方が考えられ、未だにはっきりしないことも多いことが現実ですが

「食べられなかったものが、食べられるようになる」こともあります。

そのためには、食事による負荷を与える治療法を根気よく続けること
危険な治療であり、信頼できる専門医を見つけることが必要です。

またアトピー性皮膚炎に関しても、時間と共に良化していき
「少し重い乾燥肌」程度になることも、珍しくはありません。

逆に、大人になってから花粉症を発症するケースもあり
アレルギー疾患とは、あらゆる人に可能性があるものなのです。

油断せず「重症化」を防ぐことを意識する

アレルギーの”症状の出方”というのは、
肌に関わるものだけでなく、様々な形態として現れます。

「肌が弱い」ということは、アレルギー体質の可能性が高く
アレルギー体質であるということは、アトピー性皮膚炎の症状といった
何らかのトラブルが、いずれ現れる可能性もあるということなのです。

これらに関しては、持って生まれた体質が大きく関わっており
ある程度は仕方がないこととして、「起きてしまった際の対策」と共に
「いかに重篤な症状になるのを防ぐか」ということが重要になります。

各種アレルギーの症状が見られる赤ちゃん・子供をお持ちの家庭では
「うちの子は大丈夫だと思っていた」というケースも多いのです。

そして気づくまでには、様々な前兆と言える症状を経ており
多くの場合、一度「重い状態」になった後で
「実はアレルギーを持っていたんだ」と気づくことになります。

「喘息」と呼ばれるものには、様々な要因・症状がありますが
「気管支喘息」と呼ばれる症状は、アレルギー症状して知られます。
(アレルゲン(因子)が分かっていない症状でもあります。)

最も典型的な「発作によって気づく」症状であり、
その発作とは、非常に苦しいものとして知られています。

現実としては、「初期症状」と呼ばれるものの見極めは難しく
突然に症状が現れ、病院に訪れた際に宣告されることがほとんどです。

気管支喘息の場合は、やや極端な例と言えますが
肌疾患の場合には、生まれ持ったもの・後天的なものが存在し
その多くに、「ちょっとした前兆」が見られるものでもあります。

たとえば、絨毯が多い場所(ホテル・レストラン)に行った際に
顔や腕を掻く(肌疾患の症状の多くが上半身が中心)といった
何気ないしぐさの変化が現れることがあるはずです。

そういった、小さなものを発見してあげることで
重大な症状(かきむしらずにはいられない等)を避けることができ
苦しい思いをさせる前に、適切な対処ができるようになるのです。

少しでも前兆・予測が確認できたら常に備えておく

もし”生まれついての(先天的)アレルギー体質”であった場合には
遅かれ早かれ、症状が現れてしまうことがほとんどです。

また「生まれた後」にも、何らかの要因によって
アレルギー体質に変わってしまうこともあります。
(もともと持っていたという考え方もできますが)

これらに共通している点として、

  • 症状に対し、適切な処置をしなかったこと
  • 思いがけずに、悪化させることになってしまってしまったケース

いずれにしても、重篤な症状に発展してしまった結果として
アレルギー体質が、強化・悪化してしまうことがあるということです。

「体質だから仕方がない」と考えるのではなく、
とにかく、”悪化させない”ことを考えていきましょう。

”常に”対処が必要であることは、何かと不便なこともありますが
だからこそ、小さな症状の段階で対処する意識が必要なのです。