「小児アトピー」の症状~出始める時期とその対処法

「アトピー性皮膚炎」は、免疫機能の疾患による<アレルギー反応>の1つであり
主な症状としては、体の表面(肌)に現れる「かぶれ」や「湿疹」を伴った炎症です。

軽度のものから、重度のものまで症状が幅広く
また、発症や改善タイミングの予想も困難なものとして知られます。

その中でも、特に幼児期に発症する症状を「小児アトピー」と呼びます。

症状が見え始める時期

早ければ、「生後2ヶ月」程度で症状が現れます。

症状が現れてから2ヶ月同じ状態が続くことで、アトピーの「陽性」と判断されます。

最初に「湿疹」と似たような症状が現れ、
顔(特におでこの生え際)を中心に、赤い小さなポツポツが見られます。

そこから段々と全身に広がっていき極度に乾燥した、いわゆる「象肌」と呼ばれる
典型的な状態に近づき、「ジュクジュク」としたアトピー特有の状態になっていきます。

極端な乾燥肌・敏感肌の特性が見られ、基本的にあらゆる皮膚への刺激に敏感になります。

花粉やハウスダストにも敏感になるため、
安静にしている状態であっても、症状が出る場合も考えられます。

小児アトピーの原因

先天的な要因が大きく関係している、ということは分かっていますが
はっきりとした根本原因は、未だに判明していません。

長い間「食物アレルギー」を原因として、発症するものと考えられていましたが
現在ではその逆の、アトピーが原因でアレルギー反応が現れると考えられています。

アトピーといった、アレルギー系の疾患が見られる場合
「喘息」などの、その他のアレルギーが関連している症状も併発しやすいことが特徴です。

また遺伝的な要因もかなり強く、両親・近親者の中に
アレルギー体質の人がいる場合に、発症する確率は高まることは事実です。

小児アトピーの改善・克服のためにできること

当然のことながら、ちゃんは言葉が分からず、自分でも話す・訴えることができません。

「掻いちゃ駄目!」という言葉の意味も分からず
「痒かったら掻く」という本能的な行動をしてしまいます。

常によく観察して、かゆそうな仕草をしたらスグに薬を塗るといった
対応をしてあげなければなりませんが、目を離した隙に掻きむしることもよくあります。

掻けば掻くほど悪化するために、見ているのも辛くなるに違いありません。

だからこそ、早い段階で<掻かせない>ためのコントロールが重要な鍵をにぎります。

※必ず最初に病院に行くこと!

大切なことです。

当たり前のことではありますが、まずは病院で医師に相談することが必要です。

”当たり前”としましたが、稀に「連れて行かない家庭」が問題視されます。

自己流の対処を試みていることが多いですが、それは”絶対にNG”です。

まずはとにかく、病院へ行きましょう。

「塗り薬(クリーム)」を中心に、いくつかの処方箋を試し始めると思いますが
言葉が喋れない・分からない時期だからこそ、重要になることを理解しておきましょう。

<観察>が何よりも大切

上記したように、乳児期を中心とした”言葉が分からない時期”は
「目を離しても掻いていない」と言う状況をつくることが大切です。

難しいことですが、<なるべく掻きむしらない>という習慣を身につけさせましょう。

その過程で、「アトケアプロ」をはじめとしたアイテムを試していくことになります。

治るまでケアを続けるしかない

アトピーで辛いことに、「いつ治るか分からない」ということがあります。

基本的には、年をおうごとに良化していくことが多い症状です。

しかしながら、早い段階で完治してしまう子もいれば
克服まで時間がかかる子もいて、稀に悪化していくこともあります。

今はただ観察し、できる限りのケアをする・教えてあげることが
幼い時期のアトピー肌との付き合い・付き合わせ方には、大切なことです。